ユーザビリティとは

ユーザビリティとは平たく言って「製品の使い勝手」です。ある人間によって作られたものが、ユーザにとってどれだけ使いやすいかを表すものです。具体的には操作のしやすさ・意味の分かりやすさ・間違いにくさ・間違いからの戻りやすさ・予想のしやすさ・目標完了までの時間の短さ・操作時のストレスの少なさ・満足の度合いなどです。

ウェブページの評価はユーザが主導権を握って操作する過程で下されます。したがってユーザ中心の設計が何よりも大切とされています。ウェブページは印刷物とは異なり、どちらかというと機器・家具・文具・工具・食器ほかの道具類と共通する評価基準をもって判断することが妥当である事を意味しています。

デジタルカメラを買おうとするとき、あなたなら何を基準に選びますか? 解像度、レンズの性能、サイズ、デザイン、拡張性、使っているメディア、モード別機能、連続使用可能時間、シャッター反応速度、画質などを検討するでしょう。そして熟考をめぐらせ、一つのカメラを選択し、購入した結果、以下のような事実に直面します。

まず電池を入れる方向がわかりません。単3電池を2本入れるのは分かっているのに、蓋に書いてある電池の絵がどっちむきなのか理解できません。電池を入れて電源スイッチを押したのにつきません。(電源をつけるにはスイッチを一定時間以上押し続ける必要があるのでした) 電源が入ると「時刻が設定されていません」と出たので設定しようとするのですが、「数字を増やす/減らす」また「次の項目に進む/前の項目に戻る/決定する」のにどのボタンを押していいのか分からず苦労します。それが済んで撮影しようとすると、画面の右下でなにやら赤いアイコンが点滅しています。何かの形をしているのですがそれが何を意味しているのか分かりません。エラーなのでしょうか? (いいえ、あたりが暗くてフラッシュが必要な時はこの表示が出るのでした)撮影モードがいろいろあるのが便利だと思って買ったのですが、実際手にしてみると多すぎてどれを使ったらいいのか分かりません。一つ一つにアイコンがついていますが、それらが何を意味しているか分かりません。何か分からないことがあるたびにマニュアルを見るのですが、欲しい情報がどこに書かれているかを探し出せません。巻末に申し訳程度についている索引もほとんど役に立ちません。一言で言うと、この製品はユーザビリティをまったく考慮していません。それでもせっかく高いお金を出して買ったのだから、自分が製品に慣れていくしかないと自身に言い聞かせるでしょう。

ホームページはどうでしょうか? あなたは、このカメラのようなホームページに出会っても、根気強く使いこなそうとするでしょうか? よほどの必要性がないかぎり、たいていはすぐに立ち去ってしまうでしょう。ホームページはたいていの場合何気なくあるいはちょっと立ち寄るものだからです。しかし逆にあなたがそのサイトにしかない情報を探している場合は「どこに欲しい情報があるのか」「お手上げの場合に連絡する電話番号はどこにあるのか」などが分からず、多大なストレスを抱えながら探し続けることになります。ホームページ作成者は利用者にこのような時間的心理的犠牲を強要する権利はありません。ホームページ作成者は、作成者の伝えたい情報を載せるのではなく、利用者が知りたい情報を、優れたユーザビリティとともに提供する義務があります。そのためにホームページにおけるユーザビリティとはどういうものか、その実現のためには何をしたらいいのかを学ぶ必要があります。

お問い合わせメールはmoogaone@gmail.com(@は小文字にして)まで

Design Concept by MoogaOne